<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
フォトキナ2016

9月にドイツ、ケルンにて2年に一度

恒例フォトキナ富士フイルムブースを立ち上げてきました。

 

トークライブ用のステージ、今回は300インチLEDです。

並びにあるフォトキナデビューの中判カメラのショーケースは連日の人だかりでした。

 

撮影デモは階段状の座席にしました。その上には望遠レンズコーナーがあります。

 

カメラコーナーの隣はinstaxコーナーです。

発売予定の正方形フォーマットチェキの紹介です。

世代によってポラロイドを連想する人、

インスタグラムをイメージする人と分かれました。これはちょっと欲しい。

 

今回もチェキの使用例をディスプレイで紹介しました。

 

ブース奥へ進むと世界中で展開中のワンダーフォトショップ

のモデルショップがあります。

 

お店をイメージしたオーダーカウンター。

奥には写真デコレーションが自由に出来るワークショップがあります。

 

壁面には写真を楽しむ為の商品陳列。これ盗難防止の為

全部棚にくっつけてるのですが大変なんです、、。

 

ショップを出るとフォトブックコーナー。今回は本棚に展示をして

フォトブックのある生活スタイルをイメージさせました。

 

右側はウォールデコと呼ばれる写真で壁を飾る提案コーナー。

左に見えているのはカメラステージのフォトグラファー紹介壁面

奥にギャラリーが見えます。

 

いつもながら内容が多彩でブース全体のデザインを

シンプルにまとめられないのですが、

回を重ねるごとに格好の良さと展示内容の濃さの

サジ加減ようなものが確立してきている気がしています。

他社ブースも見て回ってみて、カッコいいブースはありましたが、

フジフイルムブースが一番見応えがあるブースだと思いました。

手前味噌ですが、、、。

 

タカトリ

 

 

 

 

 

ステージのCG

9月に美容のダイアナさんのステージの現場がありました。

ステージのCGパースを描くとき、たびたび

"照明とか嘘でも良いので派手にパァ〜っと描いてください。"

って言われます。個人的にパースで嘘をつくのが好きでないのですが、

今回、照明の入ったリハーサル時に写真を撮ってみて思ったのは

実際も結構パースみたいに派手だなってことです。

 

これなんかまさに派手にパァ〜っと描いたCGみたいです。


あとCGパースでよく俯瞰カットをつくるのですが、

実際そのように見える訳ではないのであまり意味が無いと思ってしまいがちですが、

今回会場がアリーナだったので上階から写真が撮れ、まさに俯瞰パースでした。

 

こちらも派手にパァ〜っと

 

さて、嘘をついている訳ではないと解ったので

今後は派手にパァ〜っと描きますよ!

 

タカトリ

リオデジャネイロ、遠かった長かった〜!

昨年の9月突然リオデジャネイロにロケハンに行けないかとお声掛け頂き

片道30時間かけて2泊6日で行ってきました。あれから長い準備期間が過ぎ、

いよいよ大プロジェクトTOKYO 2020 JAPAN HOUSEの現場に行ってきました。

今回は7月14日に出発して帰ったのが8月10日、約一ヶ月の長丁場です。

設営管理や運営スタッフの中にはパラリンピック含めて70日という方も、、。

みなさんお疲れさまでした!

ブラジルの人たちの手により2020東京オリンピックパラリンピック紹介施設が

つくられて行きます。

 

苦労を語りだしたら長くなるので出来上がりをご紹介します。

競技会場近くのシダージと呼ばれる文化芸術施設のパブリックスペースを

借り切っての展開です。

入場して最初にあるのは2020東京オリンピックパラリンピック紹介エリア、

エンブレムや新国立競技場等の紹介です。

 

続いて東京都エリア、様々な体験型展示で水の都東京を紹介します。

 

奥は東京の水や交通のインフラ網をエッジライトで見せたもの、

手前は東京のソウルフードの紹介です。

日本食に飢えていた私たちにはとても見るのが辛い展示でした(笑)。

 

東京ウォーターツリーと名付けられたメイン展示、

映像でめまぐるしく表情を変えて行きます。

 

展示エリアを抜けてステージエリアには日本選手の写真パネルがあります。

これ350枚以上あるのですが、ブラジルの職人さんにどれがどこのパネルか

伝えられず、泣く泣く自分たちで貼りました、、。

奥にステージが見えます。

 

ステージエリアを抜けると日本の地方の魅力を伝える写真コーナー

 

更にフロアを変えて日本文化の体験コーナーがあります。

お茶、浴衣、ヨーヨー、書道が体験出来、連日大にぎわいでした。

 

他にも日本政府エリア、記者会見会場、レセプション会場等、久々の大規模イベントで

達成感を感じながらも身も心もボロボロで帰国して参りました。

 

とは言え、一ヶ月もあったので、少しだけ自分の時間が持てました。

リオデジャネイロと言えばあの名建築ニーマイヤーのニテロイ現代美術館です。

建築はもちろんロケーションとの関係が素晴らしいです。

 

そしてオリンピックが開幕。

私の仕事はほぼ終わったのでちょっとだけでも競技を見て帰ろうと

大好きなラグビーを観に行きました。

メイン会場とは少し離れたところに新設されたラグビー専用スタジアム

という事で期待してたのですが、えっ?仮設足場で出来てるの??

でもまあグランドも客席もちゃんとしてるので問題無いです。

最近よく聞きますが建築オリンピックはもう終わりってやつですね。

 

出発日には宿の近くで福原愛選手の予選一回戦があったので見てきました。

圧勝であっという間に終わったのですが、会場の掲示板を見ると数時間後に

日本男子選手の名が。ん?MIZUTANI??知らないなぁ〜。まあいいか帰ろう帰ろう。

って感じで(知識その程度)その後大活躍の水谷選手を見ずに帰ってしまいました。

残念〜!

 

タカトリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッドブルー夏からSALEへ

前回から、駆け足でご紹介します。

 

4月。

ウィンドーは夏にチェンジします。

夏のテーマは

”Sunset Poolside Party"

 

こちら導入期。

 

今回はSunsetなので、真っ昼間のギラギラとした夏ではなく、夕暮れのプールサイドでアペリティブなどを飲むイメージですね〜。

 

 

そして5月

 

ガラス面に水をイメージしてカッティングシートを貼りました。

こうすると奥行き感も生まれるし、涼しいような気もしてきますよね(笑)

 

このカッティング、中川ケミカルの色水シリーズ。

以前同じようなことをした時はこういう商品がなくって苦労しました。

 

これ、こんな風に職人さんに貼ってもらったんですが、

薄くてけっこう難しいみたいです。

自分たちで貼ろうとしなくてよかった〜〜。

 

 

そして6月。

 

だいぶ日も落ちて、ランタンに火がともります。(イメージ、、、)

 

このマネキンも可愛かったなぁ〜。

 

そして6月の最終日にはSALEにチェンジしました。

 

マネキンも秋冬に使用するものにチェンジしました。

 

そしてウィッグも、、、。

 

アフロ(笑)

 

秋冬もアフロでいきますよ〜〜〜。

お楽しみに〜。

 

ヤマグチ

 

 

 

 

 

キッドブルー春

だいぶ更新が遅れているタカトリオフィス・キッドブルーブログ(笑)です。

 

今回は代官山の春のディスプレイを紹介します。

春とはいえ、実施したのは12月。

そして12月の写真はとってなかった、、。

 

なので、パースを(汗)

 

 

春のテーマは、

"Flowery Garden Party"

花いっぱいのガーデンです。

 

まだ寒い中、そして導入期。

花はあまり見せずに、ガーデンパーティーの入り口のイメージです。

 

年明けて、1月にはSALEのウィンドーにマイナーチェンジ。

 

春の素材とカラー、冬の商品、SALEの赤の融合が若干難しかったですが、、。

でもSALEはやっぱり目をひく赤がいいんじゃないかと思います。

 

そして2月。

 

ガーデンパーティーの始まりです。

 

久々に造花たくさん買ったな〜。

 

 

鉢には溢れんばかりのライラック。

ライラックは好きな花のひとつ。

最近の造花はレベル高いですよね。

 

そして3月。

商品がラベンダー色のギンガムになるので、カーテンも同じものを。

 

鉢の花もラベンダーに。

花の色が、黄色オレンジから紫に変わってくると、少し涼しげになって、初夏だなぁ〜って思いますよね。

 

そして4月からは夏です!

お楽しみに!!

 

ヤマグチ

 

 

kid 夏の展示会

今がまさに夏まっさかりなのですが、こちらは2月に行われた展示会です。

すっかり遅くなってしまった〜〜。

 

夏のテーマは"Sunset Poolside Party"

昨年の夏は、どちらかというとアジアのリゾートという感じだったのですが、今回はもう少し都会のイメージです〜。

パラソルの傘も、商品と同じテキスタイルで作りました!

 

こちら浮き輪にステンシル。

ステンシルもすっかり上手くなったわ(笑)

 

kidの展示会といえば、ディスプレイにあわせてスイーツマニアックさんのクッキーがあるんですが、

今回もこれまたカワイイ!

スイカ、浮き輪、ビーチサンダル。

可愛くて涙が出る〜〜。

 

社員の方が、展示会テーマにあわせて、お客様にお出しする飲み物も考えてくれました!

 

さてお店はというと、夏のディスプレイも終わり、もうSALEに突入してます。

そしてそして、秋冬の展示会も終わってます(汗)

 

なるべく早く、順次アップしていきま〜す。

 

ヤマグチ

 

劇的??ビフォーアフター

リフォームブームの世の中ですが、

昨年秋に増築設計の依頼を受け、この春に竣工しました。

こちらが外観ビフォー。

 

 

一番手前が玄関で、廊下があり壁があってリビングなのですが、

お施主さんが建物横の土地を買い足されリビングと二階の拡張がご希望でした。

こちらが増えた敷地です。

 

 

さて、リビングを広げるのは良いのですが、玄関はどうしましょう。

広がったリビングには外部スペースへ少しでも広く開口を設けたいものです。

いかに玄関をコンパクトにするかを考えていたのですが、

お施主さんからの提案がありこのようなかたちに。

こちらが外観アフター。

 

 

ガラス引戸の全面玄関となりました。

土間を挟んで広がったリビングと庭が繋がります。

逆転の発想!ビフォーアフターっぽくなってきました。

ちょっとお店ようです。リビング内部はこんな感じ。

 

 

全開する格子戸をあけると土間があって玄関、その先が外部スペースです。

 

 

手前が既存リビングがあったスペース、柱の残った部分が壁でした。

廊下だった部分も部屋になったので、20畳のリビングが出来上がりました。

そして二階も広がりました。吹抜けで繋がっています。

 

 

住宅設計楽しいです。

 

タカトリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MWC2016
私、97年ぐらいから08年まで世界中で
NTTドコモさんのブースづくりに携わらさせて頂いていました。
当時、年間約4本ほどイベントがあり、それこそ何十個もブースをたちあげました。
あれから8年、再びブースの設計をさせて頂く日が来るとは感無量です、、。
先月バルセロナで開催された欧州最大のモバイルイベントMWC2016です。

domwc16a.jpg

時代は携帯からスマフォに変わっていて、主役は端末からサービスにシフトしてました。
ラウンジ、ミーティングスペースも以前より重要視されています。

domwc16b.jpg
domwc16c.jpg

さて、8年ぶりの海外モバイルイベント、他社ブースも気になります。
ブースデザインの観点で気になったものです。

IMG_3809.jpg
ノキアブース。無垢の木材で出来ています。

IMG_3893.jpg
ソニーブース、日本らしいシンプルでモダンなつくり。

IMG_3897.jpg
マイクロソフトブースは展示ブースというより、カフェのようです。

IMG_3945.jpg
エリクソンブースは中に入れませんが、北欧デザインでいい感じです。

IMG_3940.jpg
IMG_4010.jpg
中国、韓国の企業はそれぞれ一社で何ブースも出していて、時代の主役感があります。
総じて眩しいのですが、、。

という感じで、バルセロナの展示会場も新しくなって移動していたりと
浦島太郎状態なのでした。

タカトリ
東京モーターショー2015!
って、いつの話しだよって感じですが、
今年もというか、昨年もジャガーランドローバーさんのブースの
デザイン監修をさせて頂きました。

jlrjtms15a.jpg

今回で3回目なのですが、いつも通り基本のデザインが本国から指示されて
日本の作り方に変換して行く作業です。
実は回を重ねるごとにつくり方が日本流になって来ています。
一回目は壁紙も化粧板も認められず、全て塗装で仕上げました。
二回目は化粧板は認めてもらい、塗装と組合わせて仕上げました。
そして今回はようやく壁紙を認めてもらい、スムースな現場となりました。
日本の経師屋さんの技術力、作業の早さ、品揃えの豊富さ、コスト、全てにおいて効率的です。
ただ、私が海外でブースをつくる時は逆で壁紙を使う事はほとんどありません。
国によって得意な仕上げ方があり、それに従います。
郷に入れば郷に従えです。

jlrjtms15b.jpg

高級車のクオリティーを引き立たせる壁紙クオリティー。
日本の施工技術ってスゴイっていつも思います。

jlrjtms15c.jpg

タカトリ

 
2015年のクリスマスも終わりました。
今年も残すところ明日1日のみ。
早いっ。

そしてなんやかんやとまだ仕事が終わってません。
なんでだ??
仕事が遅すぎるのかと反省しつつ。。。
今年のクリスマス振り返りなど。

キッドブルー代官山は。。。

アイスホテルのクリスマス。

十数年ぶり??に使ったガラスブロック。

このくらいだと、施工もいらないので安価な演出物といますね。
ただし、重いです。
送ったりは無理な感じ。

キッドブルーの各ショップ用には、このボトル型ツールをつくりました。


そして今年はこんなのも。

こちらはイメージというよりは、目的を明確にしたディスプレイ。
お客様の反応がダイレクトにわかるので、勉強になります。

この仕事についてから(てことは大学卒業後からってことですが 汗)、自分ではほとんどクリスマスはしませんが、
今年は近所のオルトレヴィーノで、これを買いました。
パネットーネと同じ生地で(たぶん)中がドライフルーツじゃなくて杏のもの。


パッケージが可愛い〜。



イタリアではクリスマスから新年までなんやかんやと、朝食になったりもしながら食べ続けます。

さてあと一仕事終わらせて、新年を気持ちよく迎えなくっちゃ(汗)
お世話になった皆様、今年もありがとうございました。
よいお年をお迎え下さい。

ヤマグチ