<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
久々に映画館で映画を観た!
TwitterでもFacebookでも熱く語ってしまったので、ここでもこの話題を書くのは申し訳ないんですけど、、、、
ピナバウシュが亡くなって、もう新作が見られないは本当に残念と思っていたときに、このヴィムヴェンダースの映画で新たな感動をもらえたので、記録として、アップしました。
いやぁ、よかったデス。
感動。

上の写真は「コンタクトホーフ」
この写真や下の写真のように、ピナの全員で踊るダンスが大好きでなんです。
美しくて、ユーモアもあって、そしてよくこんな動きが思いつくなぁって。


この映画用に新たに、ウッパダールの公園や地下鉄や川やいろいろな場所でダンサーが踊るのですが、これも素晴らしいよ〜。

はぁ〜、久々に感動した1日でした。
楽しかった。

あ、このダンスもよかったから写真のっけちゃおう!


ヤマグチ
ハロウィン
もうすぐハロウィンですが、ハロウィンのディスプレイってしたことないような気がします。。
いや、もしかしたら、大昔にちょっこっとやったかな。。。

そんなハロウィン、最近は手芸屋さんのディレクションのお仕事をさせて頂いていて、ハロウィンの提案を毎年しています。
手づくりのハロウィン、増えているようですね。

ということで、以前こんな本を買いました。
マーサももちろんハロウィン本出してるんですね〜。

とはいえ本家本元のハロウィンは日本と違ってだいぶホラー的。。(汗)

例えばこんな指のクッキーとか。

目玉のケーキ。
ホ、ホラー。。。
つくります?こんなの?

アメリカでもほんとにつくるのかしら。。。
つくるんだよね。多分。

そんな中、いつも参考にしているあるブログでこんなリースが、、、
これだったら、いけるんじゃないかと。
クレープ紙でつくっているんですかね?
カワイイですね。

こちらがそのブログ
他の記事もほんとカワイイですよ。
手づくりしたくなってきた!

アレを見に。
家の近所の公園に五年ほど前にできた建築、
花みどり文化センター。公園にとけ込むように建っています。

ここには毎週のように犬の散歩に行くのですが、
建物は犬禁止なので中に入った事がない。
今日ひとりで近くにいたので、
"そうだアレを見よう"と思い立って入ってみました。
いくつもの円筒の部屋が一枚の屋上庭園を支えるような構成。
建築の内部も見たかったのですが、目的は”アレ”
ここには昭和天皇記念館があり
御料車のニッサンプリンスロイヤルが展示されています。
写真は撮れないので、HPから拝借。
なかなかの迫力。
いやぁ大きい大きい。トラックのようです。
内装もかっこいい。一見の価値ありです。
ほかにも生物学研究所の再現等、見応えのある展示でした。
資料も豊富です。
(じっくり読んだのは、ご訪欧の時の機内食のメニューでしたが、、。)

最後に円筒エレベーターで屋上庭園に出ました。
ここもなぜか犬禁止なので今日は初散策。
緑が下の公園と繋がって見えます。

近所ネタで失礼しました。

タカトリ


生地屋さんめぐり
 ヤマグチです。

最近生地屋さんめぐりをしていました。

普段仕事で生地を買いにいくのは、オカダヤやユザワヤさんなのですが、今回は輸入物の生地を探していたこともあり、その他にもいくつかまわってました。

そんな中で、今回、ある物件で自由が丘を久々にリサーチして、ステキな生地屋さんをみつけました!

自由が丘のBeautiful Daysという生地屋さんです。

輸入物の生地やコード、タッセルを取り扱っていて、ヨーロッパのお店みたいです。

ホームページのデザインもとってもカワイイ。
お店の中も、こんな感じです。

そして何よりよいのは在庫もけっこうあること。
普通輸入の生地はサンプルみて注文して早くて2週間後に手に入るというようなスケジュールなので、時間のないディスプレイの仕事ではとっても助かります。

また10cmから買えるのもホント、良心的です。

通ってしまいそうな店がまた1軒ふえました〜。

ヤマグチ


白井晟一展を見てきました。
昨日ゆりかもめに乗っていてふと思いだし、
調べたら明後日、日曜日まででした。セーフ。
汐留で下車、パナソニック電工汐留ミュージアムへ。


実は私なんかが言うのも恐れおおいのですが、
白井晟一の建築ってどちらかというと閉鎖的なイメージがあって
好みじゃなかったのですが、
なんでも見て知ろうと思い見てきました。
結果見てきて良かったです。
題名とおり、精神と空間をひとつに捉え、
流行とは無縁な独自の世界をつくった建築家の一生に圧倒されました。
あと、見た事なかったのですが、初期の木造の住宅作品、いい感じ、
あったら借りて住みたいです。
仕事柄つい展示手法にも目がいきますが、ボールチェーンをつかった会場も
かっこ良かったです。

そういえば最近ツィッターを始めました。
というか前にどうゆう物か知りたくてアカウントをつくったはいいけど
面倒で放置していたのですが、
今月になってちょと再開した矢先にあの地震がありました。
みなさんもう耳にタコとは思いますが、あの日は本当に助けられました。
くだらないことしか書いていませんが、覗いてみてください。→LINKS

タカトリ



なんて素敵なベッド。。。
 時々見ているブログの中でこんなすてきなベッドみつけました。

ちょっと怖い?
いやいや、素敵じゃないですか。。。

ヤマグチ
ギフトショーで
ひさびさ、ギフトショーに行ってきました。

仕事のリサーチとこれまた仕事の演出物を探しに。
昼からずっとブースをまわっていて、さすがに疲れたなぁ〜と思って外を見ると夕日の中に富士山が見えました。
ビックサイトからも見えるってしらなかった〜。


関東にいるといろんなところから富士山が見えるのが好きです。
ふっとした瞬間に富士山がみえると、思わず足をとめてしまいます。

そういえば小学校の校庭からも富士山が見えたなぁ。いい形だなぁ。



ヤマグチ
ニューヨークディスプレイ編2
 みなさま、明けましておめでとうございます。。。

すでに年も明けてしまったので、今さらなんですけど、ニューヨークディスプレイ編、アップタウンミッドタウンあたりを紹介したいと思います。

まずはラルフローレン。
秋にレディースの館?がオープンして、今まであったお店はメンズ館となりましたよね。
レディースの横にはキッズもあり、ここはラルフローレンワールドですね〜。

こちらレディース。
オープンの時の4D映像すごかったですよね〜。

レディースのウィンドーはゴージャスそのもの。
すべてのウィンドーがこんな感じに、これでもかこれでもかのゴージャス感。

でも私が特に好きだったのはキッズのウィンドー。
とってもカワイイ。

羊までがタータンチェック!

このお菓子達!
ぶらさっがているカップケーキといい、かっかわいい。

さてさすがのラルフローレンを後にして、次はバーニーズニューヨーク。
バーニーズの今年のクリスマスのテーマは「フード」。
have a Foodie Holidayです。

マーサもいますね(笑)

店内もとってもかわいい。
左のリースには鍋と亀の子タワシみたいなのがついてるんです〜。
バーニーズも毎年のことながら、さすがでした。

こちらはブルーミングデールス。
ウィンドーはなんとモニターのみ。そんなはずはないと思って1周回ってみたけどやっぱりモニターだけでがっかり。


どんどん行きます。
次はバーグドルフグッドマン。
いつもため息が出るほどのウィンドーですが、今年も。
全部紹介すると長くなるので1つだけ。

こんなのも。
ひゃぁ〜、じょうず〜〜、どうやったんだろう。。。
ってそんなとこばっかり気になってました(笑)

これもすごいのよっ。
わに。

そうそう、ウィンドーディスプレイの写真集も販売されてました。
クリスマスコーナーでは、ウィンドウを手がけたDavid Hoeyさんが、本にサインをして販売してました。
1冊$550。。。すみません、買いませんでした。。。

さてお次は大好きなヘンリーベンデル。

この入り口の吹き抜けは毎回クリスマスの時は圧巻です。
でも、クリスマス時期じゃない時はどうなっているんだろう。。。(クリスマス時期以外ニューヨークには行ったことがないので。。。)

今年は。。。
バレリーナ?

振り返ると。。。
バレリーナがくるくる回ってました(笑)

ヘンリーベンデルは一時期元気がなかったけれど、このストライプを生かしたセンスはさすが。
店内の什器から小物にいたるまですべてがすばらしかったです。(写真はないですが。。)
入り口のリボンも。
この色、柄、、、さすがです。

真ん中はスノードーム。
いつもかわいくて欲しい欲しいと思うのですが、意外にお高いのと重いのと、買ってどーするのよ。っていう理性が働き、一回も買ったことがありません。
でもずっと眺めていたくなるかわいらしさでした。

さて最後はサックスフィフスアベニュー。
テーマは雪の結晶と泡。

店内も泡。
こんなのは日本では絶対ありえないディスプレイですが、
アメリカらしいといえばらいしです(笑)

そして外壁は。
ずっと電飾だったのですが、去年あたりから?映像になったようです。
4D。

私たちも動画を撮ったのですが、もっと素敵な映像がYouTubeにたくさんありましたので、そちらを。
こちらがその映像。

実際はこんなにはっきりは見えなかったんですけどね。

それにしてもここサックスがあるお向かいはロックフェラーセンターで、ものすごい人!
ちょうど日本のお正月のようですな。
ものすごい人なんだけどみんな幸せそうで、こういう人ごみだったらぜんぜんオッケーです。

では最後はロックフェラーセンターのツリーで。
今年もよろしくお願いします〜。



あ、そうそう、この手前のスケートリンクで、急に人がいなくなってカップルだけになりました。
遠くから見ていたのでよくわからなかったけど、どうもプロポーズしているようでした。
こんなことも出来るんですね?
知らなかった〜。

アップで写真撮ってみたらとっても幸せそうなお二人が見えました。

どうかお幸せに♡


ヤマグチ






ニューヨークディスプレイ編1
ヤマグチです。

ニューヨーククリスマスディスプレイ編。。。
だいぶ遅くなりました。
クリスマスもそういえば終わったようですが。。。

さてニューヨークディスプレイ編、前編。
SOHOとチェルシーあたり。

まずLIMELIGHT MARKET PLACE。
元教会だった建物を改装して、ちっちゃいお店がはいっています。日本のファアションビルのような感じですかね。
なんでも以前はナイトクラブだったとか??ホント??


なかでも素敵だったのがこのインテリアショップ。
まぁ、よ〜く見るとあんまり買うようなものはないのですが、
とってもカワイイ。

そうそう、裏の階段スペースもいい感じでした。


そして大好きなABC Carpet&Homeへ。
宝物がぎゅっと詰まったようで、お店の中にいるだけでわくわくします。

ニューヨークにはクリスマス時期何度か来て、来るたびにABCカーペットは来てるんですが、いっつも1Fとちょっとあがった中2Fのようところにだけ行ってました。
そしたらなんと6Fだったかな?そんな上まであったんです。
最上階はその名の通りカーペット売り場。
あとは、アンティークやらオリエント風やら家具や雑貨がぎっしり。
いや〜ん、知らなかったよー。

そして発見はこの階段(また階段で失礼!)
以前のポスターも素敵だし、いい感じ。

さて次はSOHO。
こちらはご存知Create&Barrel。
SOHOのこのショップは大きくてわかりやすい場所にあるので、待ち合わせやらトイレやらでよく使わせてもらってます!

そうそう、Creat&Barrelの店内にはなんとマリメッコのショップが。
クレート&バレルとコラボした商品もあるみたいです。
でもお店にはあんまし人がいなかったなぁ。ニューヨーカーには今ひとつ響かないのか??

Bloomingdels SOHOは、
LOVEがテーマです。
ピンクのマネキンがきいてます。

そして私はこのショップは知らなかったのですが、
オールセインツというイギリスのストリートブランドのショップです。


店内も古いミシンや糸巻きや時計やらいっぱいディスプレイしてあって、まぁ、よくやったなぁ(笑)と。
でもここも宝の山から見つけ出す楽しさがあります。

いやぁ、しかし、SOHO寒かったです。 

あ、そうそう、こちらもご存知MOSS。

以前来た時は吉岡徳仁さんのティッシュペーパーのインスタレーションが展示してありましたが、今回は?どれどれ?
え?ソットサスふたたび??
と思ったら、これ全部LEGOでできてました。

最後にMacy'sを。
Macy’sはミッドタウンにある庶民的なデパートです。
ウィンドーもそんなに凝ってはいないのですが、まぁとにかくすごい人。

。。。おまけ。。。

メイシーズ、エスカレーターが木です。乗るときけっこう怖いです。特に下り。












ヤマグチ
ニューヨークに行ってきました。建築デザイン編

こないだハワイへ行ったばかりと突っ込まれそうですが、
年末のニューヨークへいろいろと見学に行ってきました。
仕事はどうしたのでしょうか、、?
今回はミートパッキングディストリクトに今年初夏(昨年でした。失礼)にできた
ハイラインを見てきました。高架の貨物廃線を空中庭園にしてしまったもので、
結構話題になっていた物です。


訪れるならぜったい緑の濃い夏が良いと思います。

自然に生えたかのような雰囲気の植栽計画の上、

寒さのせいで緑も色あせ、人もまばら、まさに廃線ではないですか。

それでも空間はすばらしく、"あっ!この感じいい感じ!"

という仕掛けが次々現れます。

ところどころ残された線路もいい感じです。

今回はそのハイラインにまたがるように建つザ・スタンダードに滞在しました。

(リサーチということで、、、。)



入口は高架下にあります。

ロビー壁面は流行のサステナブル風っていうんでしょうか。

石膏っぽかったです。



部屋はこんな感じ



泊まった部屋からはハドソン川が一望でです。

反対側の部屋はマンハッタンビューのようです。

ホテルルームとしては珍しいと思うのですが、外壁が全面ガラスです。

これが夜に思わぬ効果をもたらします。



ファサードがいい感じにランダムに光り、グラフィカルです。

でも、今後、空室が目立つようなことがあるとイメージ悪いかも、、。


さて、翌日地下鉄に乗って建物探訪に出かけました。

地下鉄と言えば、トンネル通路だらけの日本の地下鉄と違って、

ニューヨークの地下鉄って、大空間があって

その中に鉄骨の通路やホームがむき出しになっていて、

空間構造が見えるのでちょっと好きです。



今回見たのはモーフォシスのクーパーユニオン新校舎



新校舎ってぐらいなので学校なので内部は見れず。

圧巻の大階段があるようなのですが、、。


次に見たのはフランク・O・ゲーリーの高層ビル

ビークマンストリートハウジング。

まさかグネグネのタワーかと思いきやこういう感じです。



何でも大理石彫刻の布ドレープがモチーフだそうで、

なるほどという感じ、これはこれで迫力があり、

見上げていると脚がすくむ感じでした。


さて、ホテルに戻り、翌日はハイライン近くにあるおなじく

フランク・O・ゲーリーのガラスのグネグネで有名な

IACビルディングを見てきました。



ん?なんか隣に建っているビルも面白いぞ。(ジャンヌーベル作でした。勉強不足)

最後の一枚はマンハッタンに巨大UFO到来!です。



実はホテルの最上階バーのインテリアがこんなで、

ガラスに映っています。


次はクリスマスディスプレイ編かな?


タカトリ