<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
IFA2019

さて、ちょっと時間が空きましたが忘れないうちにIFAのこと、

ドイツのメッセはどこも巨大で、ベルリンも例外ではありません。

JAPAN PAVILIONを出て見た順に書きます。

まずはお隣のホールにあったSMART HOMEというエリア、

小さなブースの集まりですが、上部の造作やバナーで統一感があり

格好良かったです。

 

 

そしてメイン会場とも言える1〜6ホール

IFAはおもには家電の展示会なので

パナソニックがかなりの規模でブースを構えています。

白物黒物たくさんのカテゴリーがあってバラバラになるところを

フレームと大きなビジュアルをつかって綺麗にまとまっています。

 

 

ASKOはスウェーデンのブランドであまり馴染みがないのですが、

とても綺麗なブースを作っていました。

キッチンやランドリーなどシーンを作ってディスプレイもきっちりする、

このパターンがヨーロッパ系のブースには多かったです。

 

 

メインホールを出て8〜24まで回廊のように大きくコの字に配置された

ホール群を逆走して行きました。

フィリップスにもたくさんのカテゴリーがありますが、

コーナーサインとカラーをうまく使ってわかりやすくなっています。

 

 

ソニーブースは照明を明るめに設定していてホール建築の良さを活かしていて

質感も高く、常設の博物館のようなイメージです。

 

 

LGブースのエントランスには巨大な曲面ディスプレイがあり大迫力です。

そして普段出展物よりブースばかりに目がいく私ですが、

今回釘付けになった出展物がありました、キャビネットから液晶画面が

にゅーって出てくるんです。これ欲しいなぁ〜お幾らですか??

 

 

回廊をめぐる途中Yong IFAという謎のエリアがあり、

ワークショップやセミナーのような空間があり若者たちが集まっていました。

次世代の育成的な、こうゆうの良いですね。

 

 

この回廊型配置エリアのホールは幅が狭く、

基本はひとつのブースを通過して次のブースへという感じになっています。

なので各ブース導入口に工夫があります。

これはマイクロソフトのブース導入口。

 

 

他にもたくさんのブースがありもうヘトヘトだったのですが、

突き当たりのCtiy Cubeという別館ホールをサムソンが借り切っていました。

最後の力を振り絞って見てみます。

ホールの中央に丘のような座れる場所があり、映像が観れます。

映像がとても可愛かったのでしばらく観ていました。というかもう歩けません。

 

 

サムソンは今回最大ブースだったと思います。あいかわらず展示は凝っています。

やっちゃう力っていうんですかね。

 

 

さて一通り見終わったかなと思ったのですが、

最初に見たメイン会場1〜6ホールに下の階があることに気づいてしまいました。

もう歩けない、、、。でも1日しかない、

しかも下の階にはドイツの大きなブランドが多数入っています。

根性出しました。

AEG

 

 

Miele

 

 

SIEMENS

 

 

さすがドイツどれも素晴らしいブースです。中でも良かったのは

BOSCHで製品ごとに違った世界観を作っていて楽しいです。

 

 

ディスプレイも凝っています、食洗機のスケルトンモデルや

新型の調理器からレシピが溢れるイメージとか。

 

 

そしてようやくJAPAN PAVILIONに戻ってきました。

初めてのIFA、家電主体なので通信系の展示会と違って

製品周りのイメージ作りがあって見応えありました。

 

iPhoneのヘルスケアによると歩行距離15Km!

やはりドイツの展示会は2日みた方が良いですね。

 

タカトリ

 

 

 

 

 

 

 

IFA NEXT Japan Pavilion

9月頭にベルリンへ行ってきました。

IFAというドイツの主に家電関係の大きな展示会に

IFA NEXTという新しい試みをビジネスにつなげようとする

スタートアップ企業が集まるエリアがあり、

今年は日本がパートナー国となり大きなブースを出展、

そのデザインをさせていただきました。

 

 

 

IFA NEXTにはセンターにある共通ステージで各社のプレゼン大会などがあり、

それを取り囲むようにして小さなブースが並びます。

 

 

小さなブース以外にもデザインアワードのブースや、

もはやスタートアップと言えないと思うのですが、

セグウェイの試乗コーナーなども目を引いています。

 

 

 

そんな中、日本の出店を細々バラバラに見えないように

デザイン的に統一させるのがミッションでした。

小さなブースはついついノボリやポスターで

目立とうとして逆に埋もれてしまう傾向があるのですが、

今回はゲート型のブースにすることで抜けの良い

そしてポスターが貼れない(笑)状況をつくり

全体では連続した鳥居のような印象で

JAPAN PAVILION全体で目立つことができたと思います。

また四方から商品を取り囲んで対話が出来るので

新鮮なかたちのコミュニケーションも出来たのではないかと。

 

 

 

さて、無事ブースが立ち上がり、実は初めてのIFAを1日かけて見学してきました。

ベルリンのメッセ会場もやはり巨大で、なかなかの見応えでした、

こちらは長くなるので、近々アップします。

 

タカトリ

2018のプロジェクト(長文)

もともとプロジェクトをその都度ご紹介するつもりで始めたブログですが、

ついついサボってしまっています。

2018年はフォトキナの他にも

いろいろと楽しいプロジェクトがありましたので、まとめてご紹介させてください。

 

まず5月、オールスバル、スバル自動車さんのディーラー表彰式です。

ここ何年か続けてデザインさせていただいていますが、

今回のステージデザインはズバリ、スバル車のフロントマスクです。

 

ヘッドランプ型のスクリーンに映像が映し出されます。

 

最近は映像が主役で造作はシンプルに作るのが主流ですが、

久しぶりの作り込みで楽しかったです。

レーザーでビンビンです。

 

6月、アジアビューティーエキスポでの資生堂プロフェッショナルさんのブースです。

 

グルーミング商品とカラー商品があり

ふたつの世界観を左右で持つブースです。

 

床も斜めに張り分けてエリアを分けています。支給されるビジュアルが良いと

ブースも良くなりますね。

余談ですが、このオリーブ色のパンチカーペット探すの苦労しました。

 

7月、逗子海岸にオープンしたアメックスさんの海の家

AMEX BLUE HOUSEです。夏です!

 

オープンなテラスを囲うように屋根が付いています。

最近は海の家のクオリティーがどんどん上がっていますが、

その中でもトップクラスのリゾート感を目指しました。

 

落ち着いたソファ席も。名前の通りブルーがアクセントカラーです。

 

シャワー室も重要ですね。

 

2年ぶりの海の家デザインでしたが、やっぱり楽しいですね、現場近いし(笑)

だいぶノウハウもたまってきました、海の家デザイナーを名乗ろうかしら??

 

8月、一年以上越しのプロジェクト、ドコモさんのショールーム、

フューチャーステーションが完成しました。

Dentsu Lab Tokyoさんのアートデレクションのもとかたちにしていく作業です。

入場者はまずアプローチを通り特別な空間に入る気持ちを高めます。

 

アプローチの先には巨大な映像空間があります。

見ていると映像の中に入ってしまいそうです。

 

その先に展示空間があります。

 

いわゆる什器とパネルという従来の展示構成と一線を画す壁面システムです。

また、展示の入れ替えに対応できるよう棚板やサイン、什器代わりのボックスが’

可変な構造になっています。

 

パラフェンシングがモニターによって多視点で見られる展示もあります。

ステージには車椅子が置かれているだけですが、

あたかも選手がそこにいるかのようです。

 

長い時間をかけて丁寧に取り組めたプロジェクトでいろいろ勉強になりました。

 

そして9月のフォトキナを終えて、

10月CEATECでのダイキンさんのブースをデザインしました。

 

広告との連動で空気を表現したバルーンを上空に吊っています。

 

今回は新技術や少し未来のプロジェクトの展示です、

一つ一つコピーが書かれた壁を背負い研究発表的にしています。

 

いろいろと忙しかった一年でしたが、

もう一つ以前書いたように2018年にタカトリオフィスは鎌倉市内で移転しまして、

その新オフィス(というか家)の設計もしていました。

そのことについては今度書きます、

あまり先にならないようにしたいと思います。(多分、、)

 

タカトリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォトキナ2018その3

さて隔年開催のフォトキナは来年から毎年開催になり、

各社展示規模も縮小されるということで、

長らく携わらせていただいたフジフイルムさんのブース設営も

今回で最後となりました。

最初は主力商品だったフイルムコーナーのみのデザインでしたが、

1回目はなんと1990年(ベルリンの壁崩壊の年)

2回目の1992年から現場に入らせて頂きフォトキナを見続けて来ました。

主力商品はフイルムから徐々にデジタルに変わり、

時代とともに写真に対する世の中の捉え方が反映されてきましたが、

基本は写真文化そのもので変わらなかったと感じています。

今回10年ぐらい振りにフイルムの展示をしましたが、

フイルム箱を置くとき昔の思い出が蘇り、こみ上げるものがありました。(涙)

 

ケルン大聖堂も見納めか??

メールが無かった時代は発注にも来ていたので20回ぐらい来たかも、

今度旅行で来るよ!(行かないか、、)

 

タカトリ

フォトキナ2018その2

では他社ブースです。

 

まずはキャノンブース、いくつかの円形カウンターでの

タッチアンドトライがあり、さまざまな被写体があります。

 

興味を引いたのは報道、スポーツ、自然など様々なフォトグラファーの

作品と組み合わされた持ち物の展示、臨場感があります。

 

大判インクジェットプリンターのギャラリーにも力が入っています。

 

パナソニックブース、ブースとしての完成度は一番だったと思います。

 

ものづくりのコンセプト展示、照明も綺麗です。

 

ギヤの展示もカッコいいです。

 

ニコンブース、毎回中央に映像のオブジェがありますが、今回はこんな感じ、

 

タッチアンドトライに殺到する人たち、製品ごとにカウンターがあります。

 

被写体コーナー、あくまで黄色でやり抜くところがサスガです。

 

ソニーブース、毎回動きのある被写体ステージがあり楽しげです。

 

前回もありましたが、映像カメラのコーナー、映画のシーンがいくつかあり、

アクターもいます。

 

製品展示もさすがです。下が光る、後ろが光るいうのはよくありますが、

こんなのも綺麗ですね。

 

シグマブース、シンプルな作りでカッコいいです。

 

ライカブース、かなり規模縮小されていました。

 

GoProブースはどうやらトレーラーで持ってきて置いて出来上がりという感じです、

GoProらしいですね。

 

プリント系の展示で良かったは、

ドイツのプリントメーカーcewe(ツェーヴェー)ブース、

フォトブックなどの展示は参考になります。

 

毎回素晴らしい展示をするウォールデコのWHITE WALLブースでの

プリントマテリアルの展示、一枚の写真で出来ています。

 

さてひと通り見たかなと思ったのですが、あれ?オリンパスブースは?

Hall1という少し離れたところを借り切ってるようです、

前回まではライカがギャラリーをやっていたホールです。

なんだか遊園地のようなものがチラチラ見えて入場待ちの列が、、

 

入場待ちはカメラの貸し出しをしていた為で、借りずにすんなり入ると

中はこんなことに、

 

インスタ映えポイントランドでした。

 

 

このほかにもインスタ映えポイントが多数見られたのが

印象的だった今回のフォトキナでした。

そこかよ!

 

続く

http://toffice.jugem.jp/?eid=148

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォトキナ2018その1

2年に一度のフォトキナ、今回もフジフイルムさんのブースを設営してきました。

 

これがメインエントランス、今回は全体のデザイン監修と向かって左側

イメージングエリアの展示デザインを担当させていただきました。

向かって右側はデジタルカメラXシリーズのエリア、

パフォーマンスステージ、フォトグラファーステージ、ギャラリーで

盛り上がっていました。

 

イメージングエリアの入り口はinstax(チェキ)コーナーです。

新製品のタッチアンドトライを筆頭に

コラボモデルのプロモーションがセンターにあります。

 

20周年のinstaxヒストリー展示もあります。

 

カメラの展示に加えプリントの楽しみ方も訴求します。

 

続いてプリントライフのコーナー、写真で生活を豊かにする

ウォールデコ、フォトブックの展示がメインです。

 

さらにこのコーナーでは新しい写真の楽しみ方も訴求します。

街中にあるロゴマークを写真に取り込んだり、

ARでウォールデコをシミュレーションする技術などが展示されています。

 

加えて今回は10年近く展示がなかった銀塩フイルム、プリントの展示がありました。

スピリットを守る姿勢を示しています。

 

続いて世界中で展開している新しい写真店、WONDER PHOTO SHOPのコーナー

お店を丸ごと再現しています。

 

即時プリントカウンターや商品陳列の事例が並んでいます。

 

スクラップブックのデコレーションなどのワークショップもあり賑わっていました。

 

最後にプリンティングのコーナー、ビジネス向けのプリンターの展示です。

 

今回、ブース外にも一般から募集した写真展を展開するなど

大規模の展示で見応えのあるブースとなりました。

 

続いてその2

他社ブースです。

http://toffice.jugem.jp/?eid=147

 

 

 

 

 

立川の家

かなり久々に書きます。

というのもこのところ仕事が忙しく、

ここに書きたいプロジェクトも多々あり、追ってご紹介したいのですが

なんとそんな中、引越しをしていたのでした。

私たちもともと立川に18年間住み、6年弱前に鎌倉に引越してきました。

立川に戻ることも考えつつの借家住まいの観光移住だったのですが、

このたび鎌倉永住を決め、なんと鎌倉市内に家を建ててしまいました。

その家のことも追ってご紹介したいのですが、

今回はその戻ること無くなった立川の家の話です。

この家私が24年前に設計してたものです。

まだ若く資金も無く、とりあえず箱があればいいと

大きな犬小屋のような家というコンセプト?で建てました。

これが外観、敷地27坪の小さな家です。

 

 

 

二階内観はこんな感じです。間仕切りがないので24畳あります!

これは6年前の退去時に撮ったものです。

最初は収納もない完全な箱でしたが、趣味のDIYで全面収納を作ったり、

 

 

テーブルや棚を作ったり、

 

 

テラスにはテント屋根をつけたりしましたが、これは失敗。レールだけ残ってます。

 

 

 

一階には結局間仕切りが欲しくなって可動壁を作ったり下駄箱を作ったり

 

 

これは大工さんに作ってもらったのですが、一階を本棚でさらに間仕切ったり、

 

 

まあいろいろ楽しんで、大好きな家でした。

今度の鎌倉の家の設計も24年間の経験をいろいろと生かそうと思っていたのですが、

気がつくとほぼ同じような家になっていました、、。

つまり鎌倉でこの家に住みたかったのかもしれません。

また一から家いじりを楽しもうと思っています。

 

さて、そんなことでこの立川の家売りに出すことにしました。

取り壊すことなく引き続き楽しんでくれる人が現れないかなぁと願うばかりです。

 

たかとり

 

 

 

 

 

2017年振り返って

あけましておめでとうございます〜。

ヤマグチです。

 

ヤマグチグログになりつつあるこのタカトリオフィスブログですが、、、

 

昨年のこと少しだけ。

 

昨年、クライアントからの依頼でほんとに多かったのが、

インスタ映えするディスプレイという依頼。

 

そんな何点かを。

 

こちらは新宿伊勢丹インナー売り場のディスプレイスペースです。

写真を撮ってもらえるようなディスプレイということで、色々凝りました(笑)

 

かぼちゃも白く塗ってこんな飾り。

 

ラメつけたり。。

 

リボン結んだり。。

 

ウィッグにもマスクを。

 

ハロウィンも変わりましたよね(笑)

 

そしてこちらは、、、

花王さんのイベントでフォトスポットを。

 

現場にはいかなかったので、それこそSNSにアップされたものを

使わせて頂きました。

 

後ろのイラストとイチョウでハートも作りましたよ。

こんな感じで。

 

最近は”インスタ映えしない”ってのも流行ってきてるとか(笑)ほんと??

 

今年もよろしくお願いします〜〜〜〜。

 

ヤマグチ

キッドブルー代官山のクリスマス

改装後の代官山店、色々と模索しながらディスプレイしています。

 

クリスマスはこんな感じになりました。

 

インナーウエアなどで、店内が見えるのはどうかという意見もあったようですが、

入りやすくなったという意見もあるようです。

お店って難しいですよね。

 

 

商品とディスプレイがリンクして、私はこのレイアウトが好きですけどね。

 

でも以前のウィンドー用に一応プランもしていたので、

こちらで公開してしまいます〜〜〜。

 

 

1枚目の写真をみて頂けると、葉っぱのカッティングは白っぽくしてちゃんと活用してます〜。

一つのプランに固執するのではなく、柔軟に対応していくことも大切ですよね。なんて(笑)

 

それでは、

メリークリスマス!

 

 

ヤマグチ

 

キッドブルー2018春夏展示会

11月にはキッドブルーの春夏の展示会でした。

昨年までは春と夏の展示会は別れて行なっていましたが、今年からは一緒になります。

 

昨年度のテーマはグランピング。

今年のテーマは"ギフト"です。

 

その中で、2018SSのテーマは、、、

"Giving Flowers with Colorful Story"

「たいせつな誰かを笑顔にする贈り物」

 

もうこれは、花とギフトボックスですね(笑)

最近は”商品が花”という考え方で、造花はあまり使って来なかったのです。

今回はやはり花柄の商品を引き立てるべく、多少造花は使いながらも、写真での花の表現ということに最終的には落ち着きました。

 

こちら受付カウンター。

 

そして中に入ると正面には、お花が溢れる商品と、ギフトボックスの山がお出迎え。

 

大きなギフトボックス作りました(笑)

大きいものでは600角。

 

マネキンの髪にはお花を。

 

てにもお花。

 

箱にも控えめにお花です。

 

今回はギフトイメージの動画もありましたので、こちらのボックスで動画を流します。

ボックスの中には花とギフトボックス。

動画の色によって中が見えます。

 

ドアのガラスの向こうからも花がちらりと。

 

裏に回るとここにも花をさりげなく。

 

リボンで壁を作ってそこにも動画を。

 

そして夏は少しだけ気分を変えて。。。

 

今回初めてネオンを作りました。

いいなぁ〜ネオン。

 

こちらはお客様に差し上げるギフトイメージのクッキー。

 

飲み物にはエディブルフラワーを凍らせた氷を。

 

花、花、花、、、でおもてなしの展示会ですね〜。

 

接客テーブルにも貼っちゃいました(笑)

 

そして今回も外の花壇は、、、

11月だけど、春っぽく。

 

花をたくさん使うと現場も楽しいですね。

 

余談ですが、昨日は春夏のビジュアルブックの撮影もありました。

こんな感じで花をたくさん用意して、、、。

私は撮影のお手伝いに行ってきました。

 

ビジュアルブックも素敵になりそうです。

楽しみ。

 

 

ヤマグチ