<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< IFA NEXT Japan Pavilion | main | 初めての経験 >>
IFA2019

さて、ちょっと時間が空きましたが忘れないうちにIFAのこと、

ドイツのメッセはどこも巨大で、ベルリンも例外ではありません。

JAPAN PAVILIONを出て見た順に書きます。

まずはお隣のホールにあったSMART HOMEというエリア、

小さなブースの集まりですが、上部の造作やバナーで統一感があり

格好良かったです。

 

 

そしてメイン会場とも言える1〜6ホール

IFAはおもには家電の展示会なので

パナソニックがかなりの規模でブースを構えています。

白物黒物たくさんのカテゴリーがあってバラバラになるところを

フレームと大きなビジュアルをつかって綺麗にまとまっています。

 

 

ASKOはスウェーデンのブランドであまり馴染みがないのですが、

とても綺麗なブースを作っていました。

キッチンやランドリーなどシーンを作ってディスプレイもきっちりする、

このパターンがヨーロッパ系のブースには多かったです。

 

 

メインホールを出て8〜24まで回廊のように大きくコの字に配置された

ホール群を逆走して行きました。

フィリップスにもたくさんのカテゴリーがありますが、

コーナーサインとカラーをうまく使ってわかりやすくなっています。

 

 

ソニーブースは照明を明るめに設定していてホール建築の良さを活かしていて

質感も高く、常設の博物館のようなイメージです。

 

 

LGブースのエントランスには巨大な曲面ディスプレイがあり大迫力です。

そして普段出展物よりブースばかりに目がいく私ですが、

今回釘付けになった出展物がありました、キャビネットから液晶画面が

にゅーって出てくるんです。これ欲しいなぁ〜お幾らですか??

 

 

回廊をめぐる途中Yong IFAという謎のエリアがあり、

ワークショップやセミナーのような空間があり若者たちが集まっていました。

次世代の育成的な、こうゆうの良いですね。

 

 

この回廊型配置エリアのホールは幅が狭く、

基本はひとつのブースを通過して次のブースへという感じになっています。

なので各ブース導入口に工夫があります。

これはマイクロソフトのブース導入口。

 

 

他にもたくさんのブースがありもうヘトヘトだったのですが、

突き当たりのCtiy Cubeという別館ホールをサムソンが借り切っていました。

最後の力を振り絞って見てみます。

ホールの中央に丘のような座れる場所があり、映像が観れます。

映像がとても可愛かったのでしばらく観ていました。というかもう歩けません。

 

 

サムソンは今回最大ブースだったと思います。あいかわらず展示は凝っています。

やっちゃう力っていうんですかね。

 

 

さて一通り見終わったかなと思ったのですが、

最初に見たメイン会場1〜6ホールに下の階があることに気づいてしまいました。

もう歩けない、、、。でも1日しかない、

しかも下の階にはドイツの大きなブランドが多数入っています。

根性出しました。

AEG

 

 

Miele

 

 

SIEMENS

 

 

さすがドイツどれも素晴らしいブースです。中でも良かったのは

BOSCHで製品ごとに違った世界観を作っていて楽しいです。

 

 

ディスプレイも凝っています、食洗機のスケルトンモデルや

新型の調理器からレシピが溢れるイメージとか。

 

 

そしてようやくJAPAN PAVILIONに戻ってきました。

初めてのIFA、家電主体なので通信系の展示会と違って

製品周りのイメージ作りがあって見応えありました。

 

iPhoneのヘルスケアによると歩行距離15Km!

やはりドイツの展示会は2日みた方が良いですね。

 

タカトリ

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK