<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
フォトキナ2018その3

さて隔年開催のフォトキナは来年から毎年開催になり、

各社展示規模も縮小されるということで、

長らく携わらせていただいたフジフイルムさんのブース設営も

今回で最後となりました。

最初は主力商品だったフイルムコーナーのみのデザインでしたが、

1回目はなんと1990年(ベルリンの壁崩壊の年)

2回目の1992年から現場に入らせて頂きフォトキナを見続けて来ました。

主力商品はフイルムから徐々にデジタルに変わり、

時代とともに写真に対する世の中の捉え方が反映されてきましたが、

基本は写真文化そのもので変わらなかったと感じています。

今回10年ぐらい振りにフイルムの展示をしましたが、

フイルム箱を置くとき昔の思い出が蘇り、こみ上げるものがありました。(涙)

 

ケルン大聖堂も見納めか??

メールが無かった時代は発注にも来ていたので20回ぐらい来たかも、

今度旅行で来るよ!(行かないか、、)

 

タカトリ

フォトキナ2018その2

では他社ブースです。

 

まずはキャノンブース、いくつかの円形カウンターでの

タッチアンドトライがあり、さまざまな被写体があります。

 

興味を引いたのは報道、スポーツ、自然など様々なフォトグラファーの

作品と組み合わされた持ち物の展示、臨場感があります。

 

大判インクジェットプリンターのギャラリーにも力が入っています。

 

パナソニックブース、ブースとしての完成度は一番だったと思います。

 

ものづくりのコンセプト展示、照明も綺麗です。

 

ギヤの展示もカッコいいです。

 

ニコンブース、毎回中央に映像のオブジェがありますが、今回はこんな感じ、

 

タッチアンドトライに殺到する人たち、製品ごとにカウンターがあります。

 

被写体コーナー、あくまで黄色でやり抜くところがサスガです。

 

ソニーブース、毎回動きのある被写体ステージがあり楽しげです。

 

前回もありましたが、映像カメラのコーナー、映画のシーンがいくつかあり、

アクターもいます。

 

製品展示もさすがです。下が光る、後ろが光るいうのはよくありますが、

こんなのも綺麗ですね。

 

シグマブース、シンプルな作りでカッコいいです。

 

ライカブース、かなり規模縮小されていました。

 

GoProブースはどうやらトレーラーで持ってきて置いて出来上がりという感じです、

GoProらしいですね。

 

プリント系の展示で良かったは、

ドイツのプリントメーカーcewe(ツェーヴェー)ブース、

フォトブックなどの展示は参考になります。

 

毎回素晴らしい展示をするウォールデコのWHITE WALLブースでの

プリントマテリアルの展示、一枚の写真で出来ています。

 

さてひと通り見たかなと思ったのですが、あれ?オリンパスブースは?

Hall1という少し離れたところを借り切ってるようです、

前回まではライカがギャラリーをやっていたホールです。

なんだか遊園地のようなものがチラチラ見えて入場待ちの列が、、

 

入場待ちはカメラの貸し出しをしていた為で、借りずにすんなり入ると

中はこんなことに、

 

インスタ映えポイントランドでした。

 

 

このほかにもインスタ映えポイントが多数見られたのが

印象的だった今回のフォトキナでした。

そこかよ!

 

続く

http://toffice.jugem.jp/?eid=148

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォトキナ2018その1

2年に一度のフォトキナ、今回もフジフイルムさんのブースを設営してきました。

 

これがメインエントランス、今回は全体のデザイン監修と向かって左側

イメージングエリアの展示デザインを担当させていただきました。

向かって右側はデジタルカメラXシリーズのエリア、

パフォーマンスステージ、フォトグラファーステージ、ギャラリーで

盛り上がっていました。

 

イメージングエリアの入り口はinstax(チェキ)コーナーです。

新製品のタッチアンドトライを筆頭に

コラボモデルのプロモーションがセンターにあります。

 

20周年のinstaxヒストリー展示もあります。

 

カメラの展示に加えプリントの楽しみ方も訴求します。

 

続いてプリントライフのコーナー、写真で生活を豊かにする

ウォールデコ、フォトブックの展示がメインです。

 

さらにこのコーナーでは新しい写真の楽しみ方も訴求します。

街中にあるロゴマークを写真に取り込んだり、

ARでウォールデコをシミュレーションする技術などが展示されています。

 

加えて今回は10年近く展示がなかった銀塩フイルム、プリントの展示がありました。

スピリットを守る姿勢を示しています。

 

続いて世界中で展開している新しい写真店、WONDER PHOTO SHOPのコーナー

お店を丸ごと再現しています。

 

即時プリントカウンターや商品陳列の事例が並んでいます。

 

スクラップブックのデコレーションなどのワークショップもあり賑わっていました。

 

最後にプリンティングのコーナー、ビジネス向けのプリンターの展示です。

 

今回、ブース外にも一般から募集した写真展を展開するなど

大規模の展示で見応えのあるブースとなりました。

 

続いてその2

他社ブースです。

http://toffice.jugem.jp/?eid=147

 

 

 

 

 

2017年振り返って

あけましておめでとうございます〜。

ヤマグチです。

 

ヤマグチグログになりつつあるこのタカトリオフィスブログですが、、、

 

昨年のこと少しだけ。

 

昨年、クライアントからの依頼でほんとに多かったのが、

インスタ映えするディスプレイという依頼。

 

そんな何点かを。

 

こちらは新宿伊勢丹インナー売り場のディスプレイスペースです。

写真を撮ってもらえるようなディスプレイということで、色々凝りました(笑)

 

かぼちゃも白く塗ってこんな飾り。

 

ラメつけたり。。

 

リボン結んだり。。

 

ウィッグにもマスクを。

 

ハロウィンも変わりましたよね(笑)

 

そしてこちらは、、、

花王さんのイベントでフォトスポットを。

 

現場にはいかなかったので、それこそSNSにアップされたものを

使わせて頂きました。

 

後ろのイラストとイチョウでハートも作りましたよ。

こんな感じで。

 

最近は”インスタ映えしない”ってのも流行ってきてるとか(笑)ほんと??

 

今年もよろしくお願いします〜〜〜〜。

 

ヤマグチ

キッドブルー代官山のクリスマス

改装後の代官山店、色々と模索しながらディスプレイしています。

 

クリスマスはこんな感じになりました。

 

インナーウエアなどで、店内が見えるのはどうかという意見もあったようですが、

入りやすくなったという意見もあるようです。

お店って難しいですよね。

 

 

商品とディスプレイがリンクして、私はこのレイアウトが好きですけどね。

 

でも以前のウィンドー用に一応プランもしていたので、

こちらで公開してしまいます〜〜〜。

 

 

1枚目の写真をみて頂けると、葉っぱのカッティングは白っぽくしてちゃんと活用してます〜。

一つのプランに固執するのではなく、柔軟に対応していくことも大切ですよね。なんて(笑)

 

それでは、

メリークリスマス!

 

 

ヤマグチ

 

キッドブルー2018春夏展示会

11月にはキッドブルーの春夏の展示会でした。

昨年までは春と夏の展示会は別れて行なっていましたが、今年からは一緒になります。

 

昨年度のテーマはグランピング。

今年のテーマは"ギフト"です。

 

その中で、2018SSのテーマは、、、

"Giving Flowers with Colorful Story"

「たいせつな誰かを笑顔にする贈り物」

 

もうこれは、花とギフトボックスですね(笑)

最近は”商品が花”という考え方で、造花はあまり使って来なかったのです。

今回はやはり花柄の商品を引き立てるべく、多少造花は使いながらも、写真での花の表現ということに最終的には落ち着きました。

 

こちら受付カウンター。

 

そして中に入ると正面には、お花が溢れる商品と、ギフトボックスの山がお出迎え。

 

大きなギフトボックス作りました(笑)

大きいものでは600角。

 

マネキンの髪にはお花を。

 

てにもお花。

 

箱にも控えめにお花です。

 

今回はギフトイメージの動画もありましたので、こちらのボックスで動画を流します。

ボックスの中には花とギフトボックス。

動画の色によって中が見えます。

 

ドアのガラスの向こうからも花がちらりと。

 

裏に回るとここにも花をさりげなく。

 

リボンで壁を作ってそこにも動画を。

 

そして夏は少しだけ気分を変えて。。。

 

今回初めてネオンを作りました。

いいなぁ〜ネオン。

 

こちらはお客様に差し上げるギフトイメージのクッキー。

 

飲み物にはエディブルフラワーを凍らせた氷を。

 

花、花、花、、、でおもてなしの展示会ですね〜。

 

接客テーブルにも貼っちゃいました(笑)

 

そして今回も外の花壇は、、、

11月だけど、春っぽく。

 

花をたくさん使うと現場も楽しいですね。

 

余談ですが、昨日は春夏のビジュアルブックの撮影もありました。

こんな感じで花をたくさん用意して、、、。

私は撮影のお手伝いに行ってきました。

 

ビジュアルブックも素敵になりそうです。

楽しみ。

 

 

ヤマグチ

 

 

 

原寸模型

9月のお仕事2つほど。

 

こちらは某百貨店のLip Bar。

リップの入るアクリル什器、ティッシュなどの入るBOX、そしてサインとデザインしました。

 

リップの入る部分はもちろん原寸で一部模型を作ってます。

そうしないと怖いですからね。

 

そして、このサインも、、、

 

原寸で模型作ってます(笑)

20代の頃から変わりません。

 

この時はその他、こんなツールもデザインしました。

 

 

そして年に2回、やらせて頂いている時計の展示会。

 

今回はクリスマス。

テーマは、色は赤でダイヤモンドと大切な贈り物。

 

 

 

久々にアクリルムク60角とか使いました〜〜。

 

そしてこちらももちろん原寸模型を作ってシミュレーション(笑)

 

 

もうこうなったらずっとこんなスタイルで、続けていきたいと思います。。。

 

 

 

ヤマグチ

 

 

 

 

 

キッドブルー秋冬の展示会

今更ですが、、、

6月の展示会のことなどお知らせしようと思います。

 

キッドブルーでは6月に8月〜12月の秋冬商品の展示会を行います。

その際には秋から冬のディスプレイのプランも済ませ、代官山でのディスプレイで使用することを考えてディスプレイの演出物を製作します。

 

グランピングシリーズの最終章。

 

Kid Blue Style Glamping

     QUIET APERITIF

               at

LAGOON COTTAGE

 

夕暮れから夜に変わる時間のアペリティフです。

 

入り口入ってのスペースは冬の商品のディスプレイ。

 

こんな感じで、星空の出力をカーテンにして。

私が気に入っているのはこのファイヤープレイス。

火をどうやって表現しようかと考えて、これになりました。

黒い段ボールに出力を貼ってます。

戸外の焚き火に見えますよね??

 

そしてこちらはまだ夕暮れ時。

8月、9月のイメージです。

桟橋から湖を渡るというシチュエーションで。

 

春から続いているテーブルシリーズも最終章。

本物と写真と混在してます。

 

こちらがその撮影風景。

3回目なのでだいぶなれました(笑)

 

さて展示会の現場はいつもながら女子だけで。

慣れたものですね〜。

 

そうそう、会社の前の植え込みもイメージに合わせて変えています。

6月に秋冬のイメージなので結構大変なんです。

 

こんな感じに、、、。

青い花が多い夏の初めに、なんとなく秋冬っぽくまとまりましたかね(笑)

 

次回は11月に春夏展示会。

グランピングはおしまいで、新しいテーマでまた1年続きます。

楽しみにしていてください〜〜。

 

ヤマグチ

Cebit2017(長文)

今年のセビットは日本がパートナーカントリーとなり

ジャパンパビリオンなるエリアが設けられ

たくさんの日本企業が出展したこともあり、

二つのブースをデザインさせていただき10数年振りのセビットとなりました。

 

まずはKDDIブース。

手前にVRの体験できるブース、右となりは大型のタッチ式サイネージです。

奥の大きな壁面に最新技術展示が並びます。

 

リビングで出来る栽培キットや漁業用センサー、ドローンによる運輸等、

全て通信テクノロジーで管理できるものです。

 

反対側から見るとインフラ系や自動運転にまつわるもの等、

今回の初出展を機会に一同に揃い、来場者の興味を引きました。

デザイン的には奇をてらうことなく最後までシンプルさを維持できたので

当初のリクエスト通り王道感のある展示ができたかなと思っています。

 

もう一つは旭化成ブース、こちらは人の暮らしを想像させるグラフィックを使い

何に使うものなのかを来場者が理解できるような展示にしました。

 

什器というものを極力避け、グラフィックに展示を組み込む工夫をしました。

結果、楽しい雰囲気が作れたと思っています。

 

さて10数年振りのセビットですが、以前に比べるとやはり規模は縮小しています。

とはいえやはり広大な会場で、早足でしたが1日かけて観てきました。

まずはメインホールとも言えるホール2

最近どこに行っても最大ブースを構えているヒューウェイブース

 

陸上トラックとかどっかで観たことあるのですが、

やりきるパワーと予算(?)に圧倒されます。

 

こちらはインテルブース、切り文字流行ってる??

 

今回一番良いなと思ったのはIBMブースでした。

凝った作りではないのですが各エリアに

エリア名とイメージ写真の大きな壁面が二枚あります。

 

したがってブース外観はこうなります。

 

あとはバルーンが浮いてるぐらいで内観全体はこうなります。

写真では殺風景のようですが、

非常にシンプルでカッコよくてわかりやすいです。

 

続いてホール3

ジャパンパビリオンのブースとは別に通常の出展をしている日本企業もあります。

こちらはブラザーブース、

 

最近ドイツではファブリックを使った造作が増えていて

このブースもファブリックで出来ています。聞けば5M幅で30Mまで縫い目なしの

全面出力が可能とのこと、旭化成ブースもファブリックで作ってもらいました。

 

続いてホール4

ヒューレットパッカードブース、これもファブリック。きっちり5MX30Mかな?

 

こちらはSAPという会社のブース、綺麗です。

 

天井がLEDになっていて色が変わります。

 

展示ディスプレイも凝っていてセンスがあります。

 

そしてセビットの王者、Tモバイルです。

 

モチーフが花でこの巨大な花びらが動きます。中央の白い球(?)も膨らむんです。

フロアには壁がなく、展示什器は全て家具的な作りです。すごいの一言、、。

どうやってこの案通したんでしょう??

 

さてこのホール4にジャパンパビリオンがあります。

ステージがあり、たくさんの日本企業ブースがあります。

 

基礎小間にも中小含めたたくさんの企業が出店して賑わいました。

 

ホール5から8はおそらくドイツ企業が集まっていて、

これと言ってデザイン的に見るものはなかったのですが、これは良いと思いました。

説明員はスーツなのにCIカラーのスニーカーを履いています。

ちょっとしたことなのですが、センスあります。

でも日本人がやったら外すかな??

 

ホール9、ホール11は何かテーマエリアのようになっていて

カジュアルな雰囲気、日本の展示会ではあまり観ない雰囲気です。

 

ホール12にも日本パビリオンがあって重工業系の企業が集まっていました。

 

この辺でもう足が限界だったのですが、あとまだ5ホールほどあり、気が遠くなっていましたが、

金融系のホール等入れないホールがあり、ちょっとホッとしました。

最後のホール17はドローンホールです。

中央に巨大なネットが張られていましたが、実演は観られず。

屋外にもドローンパークなるものが出来ていましたが、この日は天候のせいか

実演はありませんでした。

 

今後、ドローンの実演展示を考えることがありそうですが、

ネットではなく、こんな囲い方もありだなと思いました。

でも手が入りそうでちょっと危ないですかね。

 

以上、久々のハノーバーセビット、やっぱり現場は楽しいです。

最後にブログっぽく食べ物の写真をアップします。

 

もうしばらく肉はいいかな、、。

 

タカトリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単発イベント

先日東京ドームでジャガー・ランドローバー・ジャパンさんと

読売巨人軍さんのオフシャルカー契約締結セレモニーが行われました。

1軍選手、監督、コーチに車が提供されるそうで、なんとも羨ましい限りです。

 

朝6時に現場入り、仕込みの皆さんは2時入りだったようです、

お疲れ様でした!

これの何をデザインしたかというと、

まあロケハンをして配置計画をしただけなのですが、

この手の単発イベントの計画を時々やらさせていただいています。

 

昨年11月の話ですが、福岡で行われたヨットレース

アメリカズカップの会場近くでのランドローバーさんのイベントがありました。

展示車両周りにスポンサードしているイギリスチームの写真を大きく設置。

 

広い駐車場スペースではランドローバーの走破性を体験できるデモもあります。

 

このスペース、福岡タワーという海辺に立つ高層ビルの周辺で人通りも多く

多くの人に楽しんでいただけたかと思います。

 

単発イベント。デザインをする要素は少ないのですが、

それぞれイベントの目的があって、

どう配置すればその目的が達成できるのかを考える楽しさがあります。

また、準備期間も短いことが多いのでスピード感も好きです。

 

タカトリ